load

下肢静脈瘤の治療

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤は、足の静脈が拡張、蛇行する病気で特に立ち仕事の人や女性に多く見られます。下肢の重量感やかゆみの原因となり、重症例では色素沈着や痛みを生じます。潰瘍を形成することもあります。命にかかわることはないため、医療関係者を含め関心が薄く多くの患者さんが適切な治療を受けずに放置されているのが現状です。

足には3種類の静脈があります。筋肉の内側には、太い深部静脈があります。皮膚の下には表在静脈があります。浅在静脈と深部静脈をつなぐ穿通枝(交通枝)があります。
動脈の血液は心臓というポンプがあり、全身に送られていますが、静脈にはポンプがありません。足の静脈の血液は重力に逆らって心臓に返らなければなりません。
私たちが歩いたり、足を動かすときに足の筋肉が伸びたり縮んだりすることによって、静脈がもみ上げられ、血液はすこしずつ戻っていきます。静脈には、小さい弁がところどころにあり、逆流を防ぎます。弁は下から上に向かって、穿通枝では表在静脈から深部静脈に向かって血液を流します。静脈瘤は、表在静脈、穿通枝の弁が壊れることにより逆流が生じることによりおこります。長い時間の立ち仕事や女性では妊娠などが、弁の壊れる原因となります。

弁が正常な状態
弁不全のため静脈瘤が発生

症状

【軽症例】皮下静脈の網目状の拡張を認めます。

【中等症】静脈は拡張、蛇行し皮膚が硬くなり、黒っぽく変色しています。
【重症例】下腿の中央部が青黒く変色し、皮膚の硬化も顕著です。 【重症例】潰瘍形成がみられます。

 

治療方法

静脈瘤の治療としては逆流をなくす手術が必要になります。つい最近まで、約100年前にバブコックの考案した静脈抜去術が標準手術としてひろく行われていました。この手術は逆流を生じた伏在静脈をストリッパーというワイヤーを使って引き抜いてしまいます。非常に効果の高い方法ですが、術後足が腫れたり、皮膚の小さい神経が傷んだりして皮膚の感覚がおかしくなることもあります。痛みもあり2週間程度の入院が必要です。最近では、浅在静脈の一部に静脈抜去をおこない、残った部分には静脈の結紮をおこなうことが多くなりました。軽症例では、静脈の結紮のみで症状は改善します。

当院では、軽症例では外科手術として静脈結紮術を行っています。
中等以上では、静脈の結紮と部分的な静脈抜去を行います。
日帰り手術、2~3日に入院で治療が可能です。

 

詳しくは、井野病院外科診察にてご相談ください。