load

鍼灸治療Q&A

鍼灸治療Q&A

Q1 鍼治療はどのような病気や症状に効果がありますか? 

A1 鍼灸治療は病気や症状に対して行われるだけでなく、弱ったり歪んだりしてしまった命に働きかけるものですので、急性疾患・重症疾患以外のほとんどの心身の不調全てに効果があると考えられています。

WHO(世界保健機関)において鍼灸療法の適応とされた疾患
◎は保険が適用されます。
神経系疾患 ◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患 関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分泌系疾患 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

ウイルスや細菌などによる感染症で発熱した時、ケガや骨折など急を要する外傷、激しく痛む時、生命に危険を及ぼすおそれのある重症化した病気等の場合は迷わず医療機関の治療を受けてください。

 

Q2 どのような疾患が保険適用になるのですか? 

A2 痛みを主症状とする疾患には健康保険がきくことが多いです。ご自身の症状に保険がきくのか知りたい方はご相談ください!

1.神経痛
神経に沿って痛む、しびれるもの

2.リウマチ
各関節が腫れて痛むもの

3.腰痛症
腰が痛い、重い

4.五十肩
肩の痛みで腕が上がらない

5.頸肩腕症候群
頸から腕が痛い、だるいもの

6.頸椎捻挫後遺症
むちうち症などの後遺症
7.年齢による痛みなど
高齢化による骨の変形などに伴う痛み

 

Q3 鍼灸治療で火傷や痛みはないの?

A3 鍼は時々チクッとすることがありますが、強い痛みではありません。お灸も火傷しにくいものを使用しております。

 

Q4 出血することはないの?

A4 髪の毛程度の太さの鍼を使っているため、出血は起こりにくく、起こってもすぐ止血できる程度のものです。

 

Q5 感染症の危険はあるの?

A5 滅菌済みの鍼を使用し、治療前後の消毒と鍼の使い捨てを徹底しているため、その心配はありません。

 

Q6 副作用はあるの?

A6 鍼灸治療は身体の自然治癒力や反射を使うため、副作用は極めて少ないですが、稀にだるさや違和感が残ることがあります。