load

鍼灸治療Q&A

鍼灸治療Q&A

Q1 鍼治療はどのような病気や症状に効果がありますか? 

A1 鍼灸治療は病気や症状に対して行われるだけでなく、弱ったり歪んだりしてしまった命に働きかけるものですので、急性疾患・重症疾患以外のほとんどの心身の不調全てに効果があると考えられています。

WHO(世界保健機関)において鍼灸療法の適応とされた疾患
◎は保険が適用されます。
神経系疾患 ◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患 関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分泌系疾患 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

ウイルスや細菌などによる感染症で発熱した時、ケガや骨折など急を要する外傷、激しく痛む時、生命に危険を及ぼすおそれのある重症化した病気等の場合は迷わず医療機関の治療を受けてください。

 

Q2 どのような疾患が保険適用になるのですか? 

A2

1.神経痛
顔・肩・腰・足など神経に沿って痛む。例えば、坐骨神経痛・三叉神経痛、肋間神経痛など
2.リウマチ
手首や肘、膝、足首など、各関節が腫れて痛むもの
3.腰痛症
腰が痛む、腰が重い。例えば、変形腰痛症、ギックリ腰など
4.五十肩
肩が痛くて、腕が上らないもの
5.頸肩腕症候群
頸・肩・腕の痛みやしびれ、だるさなど
6.頸椎捻挫後遺症
頭の外傷、むちうち症などの後遺症
7.高齢化に伴う骨の変形・姿勢異常による筋肉のこわばりなどによって起こる痛み

 

Q3 鍼(はり)治療は痛くないですか?

A3 痛い可能性は10本に1本、その痛みも注射の1/10程度です。また、慣れると痛くなくなります。

 

Q4 どんな鍼をどのように打つのですか?

A4 太さ0.16~0.20mm、長さ3~4cmの鍼を、身体の部位や症状、患者様の状態によって使い分けています。

 

Q5 鍼治療で出血したり、感染したりすることはありますか?

A5 時に出血することがありますが、10~30秒指で押さえるとすぐに止血できる程度です。ただし、血小板が少ない、あるいは血友病などの出血性素因を持っている方には鍼治療はおすすめしません。また、使い捨ての鍼を使用していますので、血液を介して感染する疾患(ウイルス性肝炎やエイズ)にかかる心配はありません。

 

Q6 鍼治療で副作用はありますか?

A6 特にありませんが、鍼刺激により、だるさや違和感が残るといったことがまれに起こります。刺激に対して過敏に反応する方でない限り、あまり心配する必要はありません。

 

Q7 長く通院しないと効果はありませんか?

A7 軽い症状であれば3回が目安です。3回の治療で効果がないと判断した場合は治療方法を検討していきます。

 

Q8 お灸でやけどをしませんか?

A8 現在は、お灸の痕が皮膚に残らない温灸が主流になっています。ほんのり温かいものから熱いものまで自由に調節することができます。また、お灸のヤニが付着するため、多少、皮膚に茶色い色素沈着がありますが、2週間程度で色は落ちます。