load

APOE遺伝子検査

認知症のリスクを知って予防しましょう    APOE遺伝子検査のすすめ

65歳以上の認知症患者数が、2025年には約700万人(約5人に1人)に増加すると予測されています。
各人が持っているAPOE遺伝子型を調べ、アルツハイマー病発症リスクを知り、予防につなげるのがAPOE検査です。検査は約5mLの採血だけです。
最近「もの忘れ」が気になっている方などは、この検査を受けて予防につなげましょう。

こんなことが気になる方におすすめです。
  □ 最近、もの忘れが増えてきた
  □ 肥満や糖尿病など生活習慣病の恐れがある
  □ 親や家族の様子が少し変わった気がする

詳しくはこちらをクリックしてください。PDFが開きます。
APOE遺伝子検査のすすめ

料 金 21,600円(消費税込) 健康保険適用外ですので自費となります。
お問い合わせ
お申し込み
・井野病院 外来診察時に主治医にご相談ください。
・外来診察を受けておられない場合は井野病院健診センターにご相談ください。(電話079-254-6852直通)