load

睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査(パルスオキシメータ)

睡眠障害を自己診断してみましょう

1 よくイビキをかいている
2 睡眠中に呼吸が止まっていると指摘されたことがある
3 日中はいつも眠い方である
4 起床時に頭痛がする
5 車を運転中、信号などで停止した時、眠ってしまったことがある
6 日中、全身に倦怠感がある
7 夜中に何度も目が覚めてしまう
8 睡眠中に激しく動いている
9 集中力や作業の低下を感じる
10 夜間頻尿である

該当する数が多いほど睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。特に1.2.3に該当する方は危険レベルです。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上、もしくは1時間に5回以上の無呼吸が起きている状態をいいます。
睡眠中に呼吸が止まることにより、体内の酸素量が著しく低下します。
→ 酸素不足の状態が長く続くと、心臓や脳など重要な臓器に障害をもたらします。

主な症状 

睡眠中は起きている時に比べ、気道が狭くなります。そのため、息苦しくて目が覚めてしまいます。この繰り返しにより熟睡できなくなり、そのため疲労が蓄積して、日常生活に大きな弊害をもたらします。
■大きないびき ■昼間の強い眠気      ■起床時の頭痛 ■作業力の低下    ■日常の疲労

合併症

睡眠時無呼吸症候群は以下のような様々な合併症を引き起こす一因と考えられます。睡眠時無呼吸症候群を治療しないでいると、健常人に比べて生存率が低下すると報告されています。
■高血圧  ■脳卒中(脳梗塞) ■不整脈 ■突然死 ■糖尿病       ■インポテンツ  ■多血症 ■不眠症 
■浮腫  ■肺性心 ■交通事故 ■社会不適応 ■夜間頻尿

 

睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査

無呼吸症候群で怖いのは、治療をせずに放置すると生命に危険が及ぶ事です。「何だか最近、眠くて仕方がないな。体調にも変化があるし、もしかして?」と思われる方は、ぜひ早めに検査を受けてください。

検査の方法

睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査は、睡眠時の呼吸の状態を観察・記録し、睡眠時無呼吸症候群であるかどうかを判定する簡易的な検査です。
井野病院/健診センターでは、指先にセンサーを装着し、睡眠中の酸素の血中濃度を測定するパルスオキシメトリ法を用いています。
検査機関や病院に出向く必要はなく、自宅や車内あるいは仮眠施設で計測が簡単にできます。
当健診センターでは、専門医が検査データの分析・評価・判定を行っています。

 流 れ 

1. パルスオキシメータ+判定依頼書(問診付)を受け取ります。(宅配便にてお受け取りも可能です)
2. パルスオキシメータを持ち帰り、一晩、手首と指先につけて寝ます。(検査)
3. 検査が終わったら宅配便で返送します。
4. 検査結果を郵送等で受け取ります。

検査料金 

パルスオキシメータ+判定依頼書(問診付き)
5,400円   2019.10.1~は5,500円(税込)/お一人
※宅配便利用の場合は、別途宅配料金を申し受けます。

【企業様による申込について】
団体でお申込の場合は、割引制度を行っています。
1事業主20名以上での申込の場合
3,500円   2019.10.1~は4,400円(税込)/お一人

当健診センターは、兵庫県トラック協会の睡眠時無呼吸症候群対策事業指定機関です。当健診センターで睡眠時無呼吸症候群スクリーニング検査を受けられた場合は、助成金の対象になります。助成金の申込方法等、お気軽にお問い合わせ下さい。

・お問い合わせ【井野病院 健診センター直通】 TEL 079-254-6852   FAX 079-254-5797
・健診センター営業時間  月 ~ 土  8:30~16:30  日曜・祝日休診