load

爪白癬の治療

爪白癬とは

爪の水虫(爪白癬・つめはくせん)は、足の水虫と同じように、白癬菌というカビが原因でおこります。多くは足水虫を治療せずに放置したために、白癬菌が足の皮膚から爪の中に移りすんだために起きています。
症状は、爪が白く濁る、黄褐色になる、変形して分厚くなります。痛くもかゆくもないため、放っておかれることが多いのですが、からだの他の場所や家族や友人にうつしてしまう可能性があります。

罹患率

爪白癬は爪の病気の中で最も多くみられるものです。ある統計では、日本国内に1,100万人もの患者さんがいて、特に60才以上では約40%、5人に2人は爪白癬といわれています。

 

 

 

白癬菌の寄生

白癬菌は、足や爪だけに寄生するものではありません。全身の皮膚や爪、髪の毛に寄生して症状を起こしてしまいます。
爪白癬をきちんと治療することは、こういった他の場所に起こる白癬を予防する意味でも大切です。

 

 

 

爪白癬の治療

爪白癬の治療は、従来の塗り薬は効果がないため、飲み薬(内服薬)による治療が必要でした。
内服薬は肝障害などの副作用がみられることがあり、特に高齢者やたくさんの薬を服用している患者では使用が制限される場合があります。そのため、安全性に対する懸念が少なく、爪白癬に対する塗り薬の開発がのぞまれていました。

『クレナフィン』は、我が国で開発された新しいタイプの塗り薬で、爪の中にしみこむことにより、爪の奥深いところにいる白癬菌に対して効果を発揮します。

※ 『クレナフィン』を使用するためには、爪の白癬菌に対する検査が必要です。
※爪白癬治療の効果が出るには半年から1年程度かかります。根気よく治療を続けることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

治療を希望される方は井野病院外科外来を受診してください。