load

舌下免疫療法 : スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎の治療

『舌下免疫療法』で根本的な治療をしてみませんか?

アレルギー性鼻炎の治療には主に、

① くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状をやわらげたり抑えたりする薬物療法(対症療法) 
② アレルギーそのものを治療する事で原因物質(アレルゲン)に対しての体質改善を行うアレルゲン免疫療法(根本治療)

の2つがあります。

 

アレルゲン免疫療法

アレルゲン免疫療法は、
◆ アレルギーの原因であるアレルゲンのエキスを用いて治療を行います。少量から投与する事で体をアレルゲンに慣らしていき、長期にわたって症状を抑えたり和らげたりします。


くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善

涙目、目のかゆみの改善

アレルギー治療薬の減量

QOL(生活の質)の改善

◆ 一時的に症状を抑えるのではなく、根本的な体質改善が期待できます
◆ 現在は、スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎などに対して行われます。
◆ 「皮下免疫療法」と「舌下免疫療法」の2種類があります。

 

 

 

舌下免疫療法

「舌下免疫療法」は皮下免疫療法のように通院して注射を受けるという時間的拘束や、痛みがない治療法です。

対象者は?
・スギ花粉症と確定診断された5歳以上の方、
・ダニアレルギー性鼻炎と確定診断された5歳以上の方

服用方法と治療期間は?
治療薬(アレルゲン)を舌の下に置き、定められた時間保持したあと、飲み込みます。初めての服用は、医療機関で医師の監督のもとに行い、2日目からは自宅で服用します。1日1回、少量の治療薬でからだをアレルゲンに慣らす事からはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します(3年以上推奨)。定期的な受診(少なくても1か月に一度)が重要です。

始める時期は?
スギ花粉症の場合はスギ花粉が飛んでいない時期(6~12月)に治療を開始します。ダニアレルギー性鼻炎の場合は時期に関わらず治療を始められます。

効果はいつからあらわれるの?
正しく治療が行われると、スギ花粉症の場合は初めてのスギ花粉飛散シーズンから、ダニアレルギー性鼻炎の場合は治療を始めて数ヶ月後から効果が期待され、年単位で継続する事で最大の効果が得られると考えられています。

気をつける事は?
アレルゲンを投与する事から、服用後にアレルギー反応がおこるおそれがあり、まれに強いアレルギー症状が発現するおそれがあります。よって、医師とよく相談しながら治療をすすめる事が大切です。

井野病院で「舌下免疫療法」を行っています。

詳しくは、呼吸器内科/玉置健一郎医師の診察を受診してください。